ハングル ハングルⅠ 한글 한 그루Ⅰ

  •    

ハングル ハングルⅠ 한글 한 그루Ⅰ

髙木丈也 /金泰仁 2,860円(本体2,600円+税)

徹底トレーニングと、映像 (スキット) や ウェブ単語学習を通して発信型能力をアップ!

◆本書は文字と発音から始まって、基本的な文型学習、会話、翻訳、条件作文、リスニ
 ング(ディクテーション)までを幅広くカバー。さらには4、5 課に1 回、長めの会話
 で復習、アウトプットができる「応用会話」を用意し、効率的な学習をサポート。
◆文法は中・上級に進むために必要にして十分な情報を提供。本書で学ぶ主な項目は
 以下の通り
(発展的内容は囲み記事で扱っており、教室での取捨選択が可能)。
 ─本書で学ぶ主な文法項目
   助詞、数詞、用言の活用(語基)、합니다体語尾、해요体語尾、否定形、尊敬形、過去
  形、ㄹ語、幹用言、ㅂ変格用言、으語幹用言
 ─本書で学ぶ主な表現(ハングル検定5・4 級相当)
  ~たい、~ている(進行/状態継続)、~ながら、~ましょうか、まだ~ていない、
  ~てみる、~てもいい、~なければならない、~てください、~ましょう、
  ~ので/から、~んですよ、~しに
◆単語は、新出単語とは別によく使われる語彙を分野別に整理。併せて本書と連動し
 たウェブ単語学習教材『Quizlet』も提供。
◆音声・映像教材も充実。音声は、会話だけでなく単語、活用チェック、例文までを幅
 広くカバー。
 映像は、各課に用意しているQR コードにてソウルで撮影した映像の視聴が可能。
 現地の生きた会話を聞きながら、美しいソウルの街並みも擬似体験。
◆教授用資料では、翻訳問題、リスニング問題の解答例、各課の小テストを提供。
◆豊富なコラム、付録(統計データ)は、朝鮮半島の社会や文化を知るのに有用。
◆本書の続編である、『ハングル ハングルⅡ』(2021 年度刊行を予定)までマスターす
 れば、『朝鮮日報』、『労働新聞』を辞書を片手に読み込んだり、現地でのフィールド
 ワークも可能に。

言語学者が日々議論、改良を重ねた本書は、同時代の話者たちが本当に使っている
言葉、そして朝鮮半島の今を深層で理解するための言葉を「どの順番で」「どうやっ
て」教えればいいのか、心を砕いて書きました。
(2020年初版)

● この書籍は大学向け教科書です。解答・日本語訳(一部を除く)などは付属しておりませんのでご注意ください。
● 大学生のお客様は大学指定の学内書店にてご購入ください。
● お申し込み後のキャンセルはいたしかねますので、書名・シリーズ名をご確認の上ご注文願います。
大学によって教科書の仕様が異なる場合がございますのでくれぐれもご注意ください。
● インターネット通販はクーリング・オフ制度の適用外となりますので「返品をお受けできない」ことをご理解いただいた上でご注文願います。
 (書名・巻数違いなど、お客様都合での返品はお受けできませんのでくれぐれもご注意ください。)
● 日本郵便のレターパックにて、通常、入金確認後3営業日以内に発送いたしますが、繁忙期には1週間から10日程度かかることがございます。
● 繁忙期にはお問い合わせにご対応できませんので、予めご了承ください。

本の仕様

  • 判型: B5判
  • ページ数: 224ページ
  • 課数: 25 課
  • 本文色: 2 色
  • ISBN: 978-4-255-55672-7

教員用付属物

  • TM|WEB音声|特設HP|教師用CD