フィクションにみる食文化

フィクションにみる食文化

A Taste of English: Food and Fiction

Fiona Wall Minami /田口誠一 /本山ふじ子 1,836円(本体1,700円+税)

小説や物語と食文化の接点をテーマにした総合教材!

「英語を楽しく学びたい!」そんな学習者の思いに応える総合テキスト。本書では、多くの人が関心を寄せる食と作品の接点を見つけて書き下ろしたエッセイをベースに、読解・語彙・文法・作文・会話から食に関するコラム・レシピまで総合的に楽しく学習できるように工夫してある。

この書籍は大学向け教科書です。一般のお客様も教科書はご購入いただけますが、解答・日本語訳などは付属しておりませんのでご注意ください。

本の仕様

  • 判型: B5
  • ページ数: 70ページ
  • 課数: 14 課
  • ISBN: 978-4-255-15528-9

教員用付属物

  • TM|WEB音声|教師用CD

目次

    Chapter 1: Harry Potter and Chocolate Frogs
    Chapter 2: Peter Rabbit and Pie
    Chapter 3: Mrs. Rabbit and Herb Tea
    Chapter 4: Winnie-the-Pooh and Honey
    Chapter 5: Daddy-Long-Legs and Ice Cream
    Chapter 6: Kenji Miyazawa and Tomatoes
    Chapter 7: O. Henry and “Witches’ Loaves”
    Chapter 8: The Old Man and Fish
    Chapter 9: East of Eden and Lettuce
    Chapter 10: Laura and Cheese-Making on the Prairie
    Chapter 11: Breakfast and Tiffany’s
    Chapter 12: “Mujina” and “Soba”
    Chapter 13: Bridget Jones and Dieting
    Chapter 14: Agatha Christie and Apples

内容見本

教科書付属音声